企業に合わせた履歴書作成

求職の時に必要なものに、履歴書があります。
履歴書の仕様も時代ごとに変化しています。今ではパソコンで履歴書を作成する人も少なくないでしょう。
見た目が美しく見やすいのが特徴です。
ですが企業によっては昔と変わらず、履歴書は手書きの方が好ましい、と考えるところも根強いようです。
確かに自筆であれば、その書き手の性格などを読み取ることが出来ます。
字には性格が表れる、と言われていますから、たとえ上手くなくても丁寧に書こう、という気持ちが込められていれば良いのではないかと思います。

フリーランスの場合は履歴書など必要がないように思われがちですが、企業のチームに参加して仕事をするスタッフの一人になる場合は、必要とされることがあります。
この場合、どのような履歴書が良い履歴書といえるのでしょうか。

まずは手書きの履歴書が好まれる企業なのか、パソコンで作成した履歴書が好まれる企業なのかの下調べをしておく必要があると思います。
企業として長い歴史を持っている場合は、手書きの履歴書を好むケースが多いようです。

また採用担当者が年配の場合も、手書きの履歴書の方が無難かもしれません。
主にペーパーレスを重視しているような企業の場合は、手書きよりも見た目に綺麗なパソコンなどで作成した履歴書の方が印象が良いようです。
少し調べてみると、その企業の体質などが見えてきますので、事前に調べておくことで対応が可能です。

履歴書はこのように手書きにするか、パソコンで作成するかといった選択がありますが、履歴書と一緒に提出する職務経歴書はパソコンで作成した方が良いのは、不思議なことです。
それは職務経歴書は、今までの実務経験などを分かりやすく明記しなくてはいけないからです。
時系列で見た人が分かりやすいものが優先で、そこに人間性を求めていないからだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です