どのようにアピールするか

フリーランスで働く場合は、仕事の受注先によっては履歴書の提出を求められることがあります。
その企業のチームのスタッフとして働く場合、履歴書や職務経歴書が必要になることがあるようですから、履歴書の書き方や相手に好印象を与えるようなアピールポイントを押さえた書き方などを知っておくと便利です。
もちろん、好印象を与えるとはいっても、虚偽の内容を記載してはいけません。
あくまでも真実を明記するということを前提に考えましょう。
では好印象を与えるために、どのようなポイントに気を付けると良いのでしょうか。

提出する企業の特性を考えることも大切です。
フリーランスで働こうと考えている人の多くは、資格や免許をたくさん持っていることが多いのですが、全ての資格や免許を書きだすことが得策とはいえないのです。
その企業にとって必要な資格や免許、また仕事の内容にとって必要な資格や免許をアピールすることが第一のポイントです。
自分の持っている資格や免許の性質を知っておく必要があります。
資格や免許に対する社会の評価も知っておかなくてはいけません。

例えば、世界共通の認定資格と、企業内で認定されている資格とでは大きな違いがあります。
このようなことをしっかり把握しておくことが大切です。
その上で、どの資格や免許をアピールすると良いのか、ということを判断しなくてはいけません。
むやみに資格や免許を並べても、仕事に関係のない資格や免許であれば意味がありませんし、とりあえず資格を習得することを重要視して、中身がないように評価されることを避けるためです。

ではどの資格や免許を履歴書でアピールすると良いのか、というと企業の業務内容に関係のあるもの、ということになってきます。
まずは業務に必要な資格や免許をアピールしましょう。
そして話の中で役に立てる資格があるようでしたら、口頭で告げるのも良いでしょう。
このように、フリーランスとして営業活動を行う場合、自分の得意分野をしっかりと把握した上で、持てる能力を最大限にアピールする必要があり、営業が苦手という方はエージェントに頼るというのも1つの手だと思います。悩めるフリーランスに参考となるサイトをご紹介しておきましょう

☆☆【http://xn--f9j3ab9eyirag7a3he6ooa8lqloa9li5mi.com】☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です